お問い合わせは
0176-23-5121

事業管理者あいさつ

2020年4月1日より、前事業管理者である松野正紀先生の命を受け、その業務を引き継がせて戴くことになった丹野弘晃と申します。
これまで院長職としても大変お世話になりましたが、改めてよろしくお願い致します。

さて、人口減少・高齢化が急速に進行する地域で、医療を維持し展開していくためには、柔軟に変化できる組織体にならなければなりません。

私見ではありますが、トップダウン的な地域医療構想の実現とボトムアップ的な地域包括ケアシステム構築の方向性は一致しており、当院の病院機能を維持継続するためにも、この流れを見極め対応しなければなりません。

これを踏まえて、当院は規模的にも地域的にも、「地域多機能型病院」即ち患者さんの状態に応じて柔軟に色を変えて対応できる愛称「カメレオン病院」を目指すことにしています。
具体的には救急診療・がん診療等の急性期診療を中心に、回復期診療のための地域包括ケア病棟と在宅診療に対応するための附属とわだ診療所を備えており、地域の変化に即応できる体制を構築しているところです。

地方公営企業でもある当院は、医療の公共性という公営性と経営という企業性を両立させながら存立し続けなければなりません。 当地に院長として着任した時の初心を忘れずに、医療の質と経営の質のバランスを強く意識しながら、今後の病院運営に取り組んで参ります。


事業管理者 丹野 弘晃

事業管理者の窓から

院長あいさつ

当院のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 一昨年4月に、病院長を拝命してから、2年経ちました。
 私が、院長を拝命した時に一致して、十和田市内の認知症高齢者施設で新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生したことから、コロナ感染症とともに2年間歩んできたことになります。
 コロナウイルス発生直後は、救急や入院の診療制限や、コロナ検査センターや発熱外来の設置など、新規感染症に対するソフト面・ハード面での新たな対応に追われました。
 昨年の3月からはワクチン接種が始まり、医療従事者から一般市民の方々まで、半年以上をかけてワクチンの複数回の接種に協力してきました。
 7月の東京オリンピックでは、無事に聖火リレーを病院前でつなぐことができました。
 ただ、本来は昨年10月に予定していた病院機能評価機構の受診(外来・入院などの医療サービスが、一定の水準に達しているかどうかを、5年に1回、第三者評価してもらう)が、コロナ第5波のため、今年の1月に順延されたことは、病院の体制と、職員の労働意欲に少なからぬ影響を与えました。
 本年1月に無事審査を終え、その審査結果が3月に届きました。C判定が1項目あったため、一発合格は逃しましたが、再審査により、近々合格判定が下されることを確信しております。

 昨年度は、対外的には、コロナ感染症の収束と、三沢市立三沢病院との間の地域医療連携推進法人の推進を、院内的には経営の可視化・透明化と職員の働き方改革の推進を年次目標に掲げて、病院運営にあたってまいりました。
 オミクロン変異株によるコロナ第6波は、重症化することは少ないものの感染性は強力で、上十三地域は、残念ながら青森医療圏では1週間・10万人あたりの陽性者数はトップになっています。
 なんとか院内発生のクラスターを抑え、医療機能を制限することなく、通常医療を圏域の皆様に提供していくことが、当院の第一の使命と心得ます。

 地域医療連携推進法人に関しては、幹部同士の毎月のウェブ会議での意見交換の効果か、現場の医療従事者間の連携がスムーズになり、病院間のコロナ患者の受け入れが良好になっています。
 加えて、職員の交流や、講演会などの共催も始まっており、今後さらに連携を深めていく所存です。

 一方、病院会計を見直すことによって今後累積欠損金の積み上げ額が減少することは、職員のモチベーション向上に一役買うものと思われます。
 また、働き方改革に関しては、昨年末にワーキンググループを立ち上げて対策をまとめてきました。
 2年後のゴールに向け、着実に前進しているものと信じております。

 4月からは、小児科に新たに医師2名が着任し、小児医療に関しては皆様のご要望に答えられるものと期待しております。
 初期研修医は予定通りフレッシュな6名が着任し、入職オリエンテーション終了後は早速各診療科で、診療を始めております。  今後、順調に成長し、それぞれが病院の力となってくれることを祈念しています。

 やむをえず診療を縮小している診療科もありますが、病院職員全体で穴を埋めるべく努力しておりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 病院の窓からは、例年のように官庁街通りの満開の見事な桜が鑑賞できます。
 花見のシーズンをコロナ感染の拡大なく乗り越え、戦渦のウクライナが鎮まり、平穏な季節が訪れることを皆さまとともに祈り、目指したいと思います。

今年も何卒よろしくお願いいたします。


院長 髙橋 道長